ピコジのヒマパチンカーZ

パチンコ業界に色々思うところのある、とあるホールのエリアマネージャー。1人でもいいからユーザーや関係者としてパチンコ業界に行きたいと思える、イベント新台レポ・パチ業界おもしろ裏話なんかを本音でお伝えします。ホール・メーカー関係者の方が興味でることも言っていきたいです。

昨日ちょっとつぶやいちゃった件で、新規則をまとめてみたいと思いました。

昨日のツイッターでちょっとつぶやいたのですが

 

日直島田さんがかなり言われてましたね。。。

で、ですね

自分でも言っちゃったので

新規則についてのことを記事にしようかと思いました。

 

まずは新規則内容ですね。

こちらをご参考に

→ 【コラム】新規則ぱちんこ遊技機に関する資料 | 『遊技日本』

 

今回の新規則の内容をかみ砕いて説明したいと思います。

 

・パチンコ型式名の冠名が「CR」から(主に)「P」に変わる。

新規則機と旧規則機をわけるためでしょうか。

冠名が変わるので見ためでわかりやすいですね。

 

・ベース管理機能の搭載

保通協を通す際に定められたベース基準値を確認するための機能ですね。

釘調整なんかして諸元表からの数字と違いがないかすぐに確認できるものです。

でも私思うのですがこの諸元表値と実数値が乖離していた時の罰則とかってどうなるんでしょうか。

いきなり「違法機だ!」で行政処分なんでしょうか。

そのあたりの公式な通達があればみんな厳守するのになぁと思います。

 

・くぎ確認シートの変更

一度も使用したという噂すら聞いたことのない「くぎ確認シート」。

そんな使用頻度なのに店舗には保管義務があるというこのシートが変更されます。

サイズがA4になってすべての釘が表示されるようになると。

永遠使われないことを祈っています。

たしか発注すると5000円ぐらいかかったりしたと思います。

 

・設定変更装置

上記の釘問題に関しての対応措置でしょうか。

実質的に釘をさわらなくても出率に差をつけることが出来るための装置。

パチ屋は設定あっても釘さわるんでしょ」ともっぱらの評判。

私は以前も書いたが触るつもりはありません。設定だけでどうにかしようと思ってます。

上に書いた「ベース管理」もあるので触るとすぐにバレちゃうんですかね?

 

とまあざっくりですがこんな感じです。

話題を呼んでいた「封入式」(いまは管理式遊技機というのでしょうか)については一文も書かれていませんね。

まぁ誤解はあるものだし間違ったなら訂正してお詫びすれば良いだけだと思うのですが。

だけっていう表現は軽いでしょうか?でも私はそう思います。